Keishi Ito Homepage 〜目をひらく 耳をすます つぶやく〜 

演奏の場面で・・・合唱団「葡萄の樹」

2001年12月

第3回目の演奏会によせて

合唱団「葡萄の樹」3回目のクリスマスコンサートを開催する ことが出来ました。
99年の4月に仲間に声をかけあって発足した合唱団ですが、結婚や出産・転勤 などで多くのメンバーが離れてしまったのに、新しいメンバーも加わり当初より 少し人数の増えた状態でささやかな演奏会が開催出来ることを嬉しく思っています。

今年の3月には作曲家の松下耕先生をお招きして合唱講習会を開 催いたしました。「痛みが分かる人間にしか本当に良い音楽は出来ない…。誰でも 抱えている傷や弱さが音楽を血の通ったものにする…」という先生のメッセージは 私たちにとっても心に染みる言葉となりました。そしてまた合唱をしようとする人、 仲間全員への励ましのメッセージでもあったと思います。
いろんな人がいろんなものを抱えながら生きていて、その生き方の手探りと同じよ うに音楽自体もいつも手探りです。目先の結果に拘泥するのではなくつねに手を伸 ばしながら心の世界を広げていきたいと思っています(葡萄の樹の枝がしなやかに 伸びていくように…)。そして、時間をかけて上質の「葡萄酒」が生まれるように、 「情感に溢れた素敵な音楽」を作っていきたいなあ、、と思っています。
まだまだ3年目、いろんな人と関わるなかで、励ましあったりわくわくしたりしな がら、「少しでも良い音楽をしたい」と思っていきたいです。

2002年12月

4回目のクリスマスに

合唱団「葡萄の樹」4回目のコンサートを開催することが出来ました。 99年の4月に仲間に声をかけあって発足した合唱団ですが、今年もまた新しいメンバ ーが加わりささやかな演奏会が開催出来ることを嬉しく思っています。

今年の11月には2年前に引き続き、世界的な作曲家のオルバーン・ ジェルジ先生をお招きして合唱講習会を開催いたしました。「出版された楽譜を信じな いで、自分たちの感性を信じなさい」というメッセージはテクニックやレベルとは関係 なく音楽に対する愛情に満ち溢れた言葉として胸に響きます。
我々も目先の結果や、体裁を整えることに拘泥しないで「音楽そのもの」と「一緒に音 楽に取り組める仲間」とを愛しみながら活動を展開していきたいと思います。「少しで も良い音楽をしたい」という気持ちを大切に、時間をかけて「情感に溢れた素敵な音楽」 を作っていきたいなあ・・・、と思っています。まだまだ、未熟な私たちですか、いつか上 質のワインのような芳香を醸し出せればなあ・・・という夢をもって、今日も大好きなうた たっぷり歌ってみたいと思います。


2006年12月

第8回目の演奏会によせて・・

皆様の今年はどんな年だったでしょうか?私にとってもいろいろな出来事があった一年 でしたが、年末が訪れ、今夜この場所で合唱団「葡萄の樹」の8回目のコンサートを開 催することが出来たことを嬉しく思います。

「情感に溢れたあたたかい音楽をしたい」「生活空間のすぐそばにある音楽を大切にし たい」と思って作ったこの合唱団でしたが、私の力不足で、恥ずかしながら8年経つの になかなか成長せず、もどかしい思いばかりが積もっていきます。最近の私の口癖はと もかく、一人一人がしっかり歌うこと!と、自立して正面から歌に取り組むように・・・! ということばかりです。合唱はともすると人について歌うことを許容しがちですが、今 年の年初には演劇と合唱とのコラボレーションを経験し、演劇人の自立ぶりに、もっと 我々も「自分のうた」「自分の表現」「自分の足でしっかりと立ち、音楽に向き合うこ と」・・・を大切にしなければ・・・、と思いました。もちろんそのことは「人の声を聞き」 「助け合い」「互いを生かし合いながら、合唱団としての総合力を発揮すること」・・・ と矛盾することではありません。我々の社会同様、合唱の現場もまずしっかりとした個 性や個人の思いが存在し、それを分かちあい、受け入れあい、尊重しあったり補いあい、 共感しあうことでなくてはならないと思うからです。・・・もちろん、それがなかなか上手 くいかずにため息をつく訳ですが・・・、それでもよく考えてみると、そのような高邁な理 念以前にメンバーの入れ替わりにも関わらず相変わらず温かい雰囲気の中で合唱が出来て いること自体が最も幸福なことなのかもしれません。クリスマスの灯りにいつまでも将来 を夢見ながら、「こんな曲をしたい、こんな演奏をしてみたい・・・」と憧れを持ち、少し ずつでも成長を続けられる合唱団でありたいと思います。

さて、昨年はハンガリーのコダーイを中心にしたプログラムを組みましたが、今年は合唱 王国エストニアの合唱曲にチャレンジしたいと思っています。加えて2人の新しい作曲家 の紹介を兼ねた曲の披露も予定しています。幕間には、最近めっきり歌を歌わなくなって いる子どもたちに「いろんな歌を歌うきっかけを作ろう」と思って始めた「みやこ・キッズ ・ハーモニー」の発表の場を与えていただきました。

練習量の割には相変わらずよくばりでわがままなステージの並びですが、慌しい時間の中 でほっとしたぬくもりの感じられる演奏会になればと思っています。我々の音楽がいつも 「胸に当てた手のように」人のこころに気持ちを伝えられるものでありますように♪


2007年12月

9回目のクリスマス

イルミネーションも美しく、今年も温かなクリスマスが到来します。
「生活の隣にある音楽」を目指して結成した「合唱団:葡萄の樹」ですが、早いもので 9回目の演奏会を数えることになりました。創設から数年間は教会での発表会を中心と しており、敷居の低い演奏会を目指しておりましたが、今年は初めて京都コンサートホ ールでの演奏会となりました。場所は変われど、生活の中に潤いを・・・、年末の慌し さの中にほっとひと息つける時間を提供し、音楽の喜びを客席とともに分かち合うこと が出来ればと思っています。
皆様にとって今年はどんな一年だったでしょうか?
纏めて振り返ってみると様々な出会いや経験がそれぞれに意味深く刻まれているように 感じます。今年もこの場で仲間と共に演奏会を開催出来たことに感謝したいと思います。
また、音楽の恵みによってステージと客席がともに心の平安を分かち合い、祈りの気持 ちや想像力によってこの場と世界とを結び付けられればと願います。
いつまでたっても拙い演奏ですが、共にクリスマスのひと時をお過ごしいただければ幸 いです。


2008年12月

10年目の葡萄の樹

メリークリスマス。皆様の今年はどんな年だったでしょうか?
私たちが毎年この時期に演奏会を開くのはクリスマスのシーズンが本来的に 「想像力」に満ちたシーズンであると思うからです。1年の終わりに、自分た ちの過去や未来についてだけではなく、他者や世界中の人々について、そこ で起こっている事態や現象について、そこに満ちている願いや思いについて、 ・・・あらゆる不幸や幸福に対して思いを抱き、思いを馳せること、共振し分か ち合うこと、・・・クリスマスとはまさに、落ち着いて想像力を働かせるシーズ ンではないかと思うのです。もちろん、大きな事態については、ついつい 「何も出来ない」と思ってしまう無力な私たちですが、思いやること、想像す ること、音楽を通して祈ったり感謝したりすることこそが、音楽を愛する私た ちの音楽に対する大切な向き合い方であるように思います。

ちょうど10年前、「情感に溢れたあたたかい音楽をしたい」「生活空間の すぐそばにある音楽を大切にしたい」と思って作ったこの合唱団ですが、 10年経った今、同じようにこのシーズンに演奏会が持てることを嬉しく 思います。私の力不足で、10年経ってもレベルアップはしておりませんが、 メンバーが随分変わってしまったにも関わらず、「音楽そのものに根差す」 ことによって、今日を迎えることが出来たことはありがたいことです。拙い ながらも、見据える先に灯りが見える音楽をすること、「いつか、こんな曲 をしたい、こんな演奏をしてみたい・・・」と憧れを持ちつつ、息の長い取り 組みが出来る合唱団でありたいと思います。

さて、今年ですが、毎年チャレンジをしているヨーロッパの曲(イギリス→ フランス→ハンガリー→エストニア→ラトビア)は、よいよドイツに突入。 音楽の奥深さと我々の未熟さを思い知るプロセスにもなりました。
また、10周年の特別の記念として、敬愛する信長貴富先生にお祝いの曲を いただきました。多くの人々のやさしさ、励まし、愛情を受けて育ってきた ことに感謝し、さらなる10年目に収穫される葡萄のお酒を楽しみにしなが ら、これからも頑張っていきたいと思います。


2009年12月

11年目の葡萄の樹

メリークリスマス。 皆様の今年はどんな年だったでしょうか?
私たちが毎年この時期に演奏会を開くのはクリスマスのシーズンが本来的 に「想像力」に満ちたシーズンであると思うからです。1年の終わりに、自 分たちの過去や未来についてだけではなく、他者や世界中の人々について、 そこで起こっている事態や現象について、そこに満ちている願いや思いに ついて、・・・あらゆる不幸や幸福に対して思いを抱き、思いを馳せること、 共振し分かち合うこと、・・・クリスマスとはまさに、落ち着いて想像力を 働かせるシーズンではないかと思うのです。そして、そこに音楽が寄り添 うということは何と素敵な、意義深いことでしょうか。
さて、昨年10周年を迎えた「葡萄の樹」ですが、今年は片山みゆき先生 や雨森文也先生を招いた「講習会」の主催に始まり、「東京カンタート」 への参加や、合唱指揮者協会主催の「ワークショップ(シアターピース)」 へのモデル合唱団出演等…、積極的に外に出て行くことを試みてみました。 来年の3月には佐賀の合唱仲間たちが主催する「コーラスガーデンin SAGA」 へ駆けつけるつもりでおります。もちろん技術的にはまだまだ未熟な合唱 団ではありますが、高みを目指して自己完結するばかりではなく、音楽で 何が出来るのか?、合唱で何が出来るのか?ということを「仲間とともに」 考えたり感じたりしていく合唱団でありたいと思います。憧れを持ちつつ、 息の長い取り組みが出来る合唱団でありたいと思います。

今年もたくさんの曲をいろんなふうに練習してみました。
皆さんに少しずつご披露しながら、慌しい中にも落ち着いたひとときを共 有出来ればと思います。


2010年12月

12年目の葡萄の樹

メリークリスマス。皆さんにとって今年はどんな一年でしたか?
今年の夏、全日本合唱連盟の「こどもコーラスフェスティバル(広島)」 に講師として参加させていただきました。戦後65周年ということで今年 は広島で開催されたことに意義深いものを感じましたが、コンクールでは ないこの大きなフェスティバルで特に感じたのは我々アマチュアの合唱活 動において「ビジョンを持つ、個性を磨く、方向性を見極める」というこ との大切さでした。我々が大切にしていかねばならないのは、例えば「音 楽や合唱には何が出来るのか」「そのためにはどういう目標を掲げ、どう いう方向に活動を向けていくのか」「何に着目して練習し、選曲をし、ど ういう演奏会を開いていくのか」ということ等でしょう。

「合唱団:葡萄の樹」もそういった根本的な命題に悩みながら、試行錯誤 を繰り返し、いよいよ12回目の演奏会を迎えることになりました。まだ まだ未熟で、何かの決定的な色合いが出ている訳ではないかもしれません。 単純にスキルも不足しています。しかし、12年の歴史を纏めて振り返っ てみると、合唱や合唱団を通した様々な出会いや経験がそれぞれ意味深く 刻まれているようにも感じます。毎年この時期に演奏会を開くことによっ て…、子供たちの歌声と共演することによって…、様々な来場者から温か い拍手をもらってきたことによって…、我々が良い音楽をしたということ ではなく、活動を通して音楽の持つ偉大な力を分かちあうこと、音楽を通 して想像すること、感謝することをたくさん教えてもらったように思いま す。今年もこの場で仲間と共に演奏会を開催出来たことを嬉しく思います。 また、音楽の恵みによってステージと客席がともに心の平安を分かち合い、 祈りの気持ちや想像力によってこの場と世界とを結び付けられればと願い ます。

さて、今年は私もメンバーも大好きな「信長貴富先生」に10回目の演奏 会でいただいた2曲をもとに組曲を作ってもらえました。新しい曲を世の 中に生み出すということは、作曲家の素晴らしい才能だけでなく、演奏者 と観客の皆さんとの共同作業でもあるようにも思います。どうぞ一緒に曲 の誕生シーンに立ち会ってください。
クリスマスの前、今年も心地良いひとときを共有出来ますように。


2011年12月

13回目のクリスマス

振り返るまでもなく、今年は大きな震災をはじめたくさんの悲しい出来事 のあった一年でした。私たちは、当初被害の大きさを見るにつけ、「歌に は出来ないことがたくさんある」ことを思い知らされました。自分たちの 存在の小ささや、無力を思い知らされることにもなりました。しかしなが ら、少し時が経つと、逆に、歌声が人々の心を癒し、励まし、勇気付ける 力を持っていることもたくさん確認することが出来ました。演奏すること によって、私たちは生命の恩恵に感謝し、願い祈る気持ちを強く持つこと が出来ます。仲間と歌い、仲間の歌を聴き、仲間のために歌うことによっ て私たちは連帯と想像力とを取り戻すことが出来ます。「歌そのものの存 在意義」の確認に繋がること、「歌に出来ること」もあるのだということ にも気付きました。

今年もクリスマスのシーズンとなり、イルミネーションが灯ります。
「生活の隣にある音楽」を目指して結成した「合唱団:葡萄の樹」ですが、 早いもので13回目の演奏会を数えます。今年もこの場で仲間と共に演奏 会を開催出来たことに感謝したいと思います。また、音楽の恵みによって ステージと客席がともに心の平安を分かち合い、祈りの気持ちや想像力に よってこの場と遠く離れた世界とが結び付けられればと願います。歌に祈 りのメッセージと朗らかな未来を託しながら演奏したいと思います。

2012年12月

木の音、昨日の音、ノートブック〜木の記憶

いつも木はそばにありました。カブトムシをとったクヌギの木、 見上げた先に夏空が見えた背の高い杉の木、部屋の窓をノック した花梨の木、…私が初めてメタファーとしての木を意識した のはアンドレイ・タルコフスキーの遺作をスクリーンで目にし たときかもしれません。少年と言葉と祈りという構図は、20 歳の私に鮮烈な印象を残しました。そしてペルト、武満。そう いえば「葡萄の樹」というネーミングをたいそう褒めてくれた のはあの大江健三郎氏でした。京都駅でお迎えし、ある講演会 場までお送りするタクシーの間に、街路の樹木を眺めながら合 唱の話をさせていただいたことがあります。「合唱はいいねえ、 耳を使って人の声を聴くでしょう」と言っておられたことを思 い出します。…アゲハが飛び立った棘だらけの山椒の木、たわ わな実を実らせた枇杷の木、いつも飛び上がりながら手を伸ば していたイチジクの木、うっすらと目を開けた寝室で光ってい たクリスマスツリー、…私たちはたくさんの木の記憶とともに 生きています。木と思うだけで、めくるめく記憶の迷路の中に 迷い込んでしまうようですね。

さて、松本望さんの新曲とともにお祝いできるクリスマスの演 奏会をうれしく思います。今回は得意にされているピアノとい う楽器から離れ、アカペラの組曲ですが、そこにはざわめく木 の音、木から喚起されるファンタジックな音、虚ろな音、温か い肌触りをもった音が鳴り、宇宙のような音楽を感じさせてく れます。松本望さんの曲の紹介とともに葡萄の樹にとって14 回目の演奏会を迎えられることを大変うれしく思うものです。
音楽は夢と思い出を運びます。音楽は他者に対する祈りと想像 力を運んでくれます。このひとときが、音楽の祝福に満ちた落 ち着いたひとときになりますように。

2013年12月

「葡萄の樹」15回目のクリスマスコンサートに寄せる

「合唱団葡萄の樹」は1999年の4月に私が地元の京都で立ち上げた合唱団です。 コンクール等を目標とせず、生活の身近にある合唱活動として歌うことが生活を潤し ていくこと、歌うことで少し幸せな週末を迎えられるように金曜の夜に練習をしてき ました。葡萄の樹の名の通り、創立当初は宗教曲を中心にしながら教会で練習をし、 教会でクリスマスコンサートを行なっておりましたが、現在は人数の関係で、コンサ ートホールで演奏会をし、宗教曲以外にもさまざまなジャンルの曲を演奏するように なりました。(アットホームでフレンドリーな雰囲気は変わっていません)
私たちが毎年この時期に演奏会を開くのはクリスマスのシーズンが本来的に「想像力」 に満ちたシーズンであると思うからです。1年の終わりに、自分たちの過去や未来につ いてだけではなく、他者や世界中の人々について、そこで起こっている事態や現象に ついて、そこに満ちている願いや思いについて、・・・思いを馳せること、分かち合うこ と、音楽を通して祈ったり感謝したりすることこそが、音楽を愛する私たちの音楽に対 する大切な向き合い方であるように思います。また、演奏会では私が主宰しております 「みやこキッズハーモニー」も一緒に出演いたします。子どもたちにはたくさんのお客 さんの前で歌う経験をさせてもらい、いつもラストには合同演奏していますが、子ども を加えることで、世代を超えて歌で一つになれることはもちろん、聴衆と一緒になって 子どもたちを応援する雰囲気が作られ、合唱の素晴らしさを実感しています。

さて、昨年は「みなづきみのり」の歌詞に新進気鋭の松本望が付曲した「木々のスケッチ」 を初演させてもらいました。今年は、「みなづきみのり」シリーズ第2弾として、信長 貴富先生の新曲を演奏させていただきます。終曲の「葡萄の樹」の歌詞を掲載させていた だきます。言うまでもなく、私(みなづきみのり)が私(いとうけいし)の作った合唱団 のイメージで作詞をしていたものです。信長先生の時間が空くのを見計らってお願いし、 今回ようやく作曲いただきました。感謝しています。

「葡萄の樹」→「肩寄せ合う仲間たち(渋さも甘さも)」→「ともに歌う」→子どもたち も聞き手も含めて「気持ちのこもった音楽によって音楽に新しい命をはぐくむ」・・・とイメ ージしています。そのようになれば良いなあ、という憧れや夢を込めて。


「葡萄の樹」(詩:みなづきみのり)

枝を張り
つながり
実を実らせる
葡萄の樹よ

大地から水を吸い上げ
日差しを浴び
葉を広げて雨を受ける
葡萄の樹よ

肩寄せ合う房よ
眠り誘う甘い果実よ
種に凝縮された苦さよ
薄皮に残された渋さよ

風に揺れ、言葉を語れ
光に煌き、喜びとなれ
影を作り、憩いとなれ
その皮も実も種も
幾千もの時間をかけて、やわらかな微笑みとなれ

葡萄の樹よ
耳を澄まし
音楽を奏でよ
(心揺るがす音楽を)

葡萄の樹よ
時を越えて
新しい生命(いのち)となれ

2014年12月

「葡萄の樹」16回目の演奏会について

私たちが毎年この時期に演奏会を開くのはクリスマスの シーズンが本来的に 「想像力」に満ちたシーズンであると思うからです。1年の終わりに、自分た ちの過去や未来についてだけではなく、他者や世界中の人々について、そこで 起こっている事態や現象について、そこに満ちている願いや思いに ついて、 ・・・あらゆる不幸や幸福に対して思いを抱き、思いを馳せること、共振し分 かち合うこと、・・・クリスマスとはまさに、落ち着いて想像力を働かせるシ ーズンではないかと思うのです。そして、そこに音楽が寄り添うということは 何と素敵な、意義深いことでしょうか。

さて、今年は少しだけチャレンジングな挑戦を行います。
これまでも千原先生の曲目にはたくさん取り組んできましたが、今年は私の大 好きな「アポロンの竪琴」を小さな演出を加えながら演奏してみます。
遥かな時の物語、遥かな海の物語…。
さて、私たちは時の中にいるのでしょうか?私たちの中 に時があるのでしょうか?
さて、私たちは海の中にいるのでしょうか?私たちの中 に海があるのでしょうか?
瞳開けて見上げた満月が瞳閉じても心の中にくっきりと 存在するように、私たちと 世界とはお互い呼吸し合い、包み包まれながら存在しているに違いないですね。
そんなことを感じさせてくれる素敵な合唱物語。
未熟な合唱団ですが、思い思われるクリスマスのシーズンに、ささやかな演奏会 の開催が出来ましたこと自体に幸せを感じながら、一生懸命の歌を歌ってみたい と思います。

素晴らしい音楽に触発されて勝手に挿入詩などアレンジしてみました。言葉か ら歌へ、歌がまた別の言葉へ…。そんな感じでしょうか。

私たちが毎年この時期に演奏会を開くのはクリスマスの シーズンが本来的に 「想像力」に満ちたシーズンであると思うからです。1年の終わりに、自分た ちの過去や未来についてだけではなく、他者や世界中の人々について、そこで 起こっている事態や現象について、そこに満ちている願いや思いに ついて、 ・・・あらゆる不幸や幸福に対して思いを抱き、思いを馳せること、共振し分 かち合うこと、・・・クリスマスとはまさに、落ち着いて想像力を働かせるシ ーズンではないかと思うのです。そして、そこに音楽が寄り添うということは 何と素敵な、意義深いことでしょうか。

さて、今年は少しだけチャレンジングな挑戦を行います。
これまでも千原先生の曲目にはたくさん取り組んできましたが、今年は私の大 好きな「アポロンの竪琴」を小さな演出を加えながら演奏してみます。
遥かな時の物語、遥かな海の物語…。
さて、私たちは時の中にいるのでしょうか?私たちの中 に時があるのでしょうか?
さて、私たちは海の中にいるのでしょうか?私たちの中 に海があるのでしょうか?
瞳開けて見上げた満月が瞳閉じても心の中にくっきりと 存在するように、私たちと 世界とはお互い呼吸し合い、包み包まれながら存在しているに違いないですね。
そんなことを感じさせてくれる素敵な合唱物語。
未熟な合唱団ですが、思い思われるクリスマスのシーズンに、ささやかな演奏会 の開催が出来ましたこと自体に幸せを感じながら、一生懸命の歌を歌ってみたい と思います。

素晴らしい音楽に触発されて勝手に挿入詩などアレンジしてみました。言葉か ら歌へ、歌がまた別の言葉へ…。そんな感じでしょうか。

2015年12月

17回目の演奏会に

「生活のそばに音楽の潤いがある」ということが私の合唱活動の目的の一つでも ありました。かつて大阪の四条畷で児童合唱の修行をしていた時代がありました が、どうしても子供たちと同じ空気を吸っていない(昨日お祭りがあったね、と か運動会の音がしていたね、という会話が出来ない)ことにもどかしさを感じ、 私の生活空間である京都に児童合唱団を作りました。同じように土日の大阪(淀 川混声合唱団、なにわこらリアーズ)で合唱指揮としてのキャリアを開始した私 も、やはり平日の京都で合唱活動をすることが出来たら、ということを思い立ち 上げたのが合唱団「葡萄の樹」です。
地域の教会をお借りし、地域の教会(遮音された特別の音楽空間でなく)で演奏 会をすることから始めた合唱団でしたが、幸いにして立派に成長し、今では多く の作曲家の方に曲を書いてもらえるような合唱団として活動の幅を広げてくるこ とが出来ています。
さて、本日の会場は久しぶりになりますが、ショッピングモールの中にある北文 化会館です。「葡萄の樹」を原点とも言える「生活空間のそばにある憩いとして の音楽会」をするには非常に象徴的な場所とも言えます。クリスマス前の慌ただ しい季節、夕暮れから夜に向かう手前のひと時、歌い手と聞き手の間に湯気の立 ち上るような温かな音楽会になりましたら幸いです。

2016年12月

思い出すのはクリスマスの夜…

幼い頃、就寝時に真っ暗になることを極端に恐れていた私は、いつも蛍光灯の小さ な灯りを残した上に、父の部屋に通じる襖をほんの少しだけ開けて細く光が入るよ うにもしておりました。でも、この夜だけは枕元に小さなクリスマスツリーを置い てもらい、きれいな光の中で安心して兄と楽しい話をしながら夢の世界に紛れ込ん でいたのでした。
…合唱団「葡萄の樹」の演奏会の最大の特徴は、まず「クリスマスの時期」に演奏会 をすることです。世界の誰かに思いを馳せたり、祈りや想像力に満ちた季節に合唱を することは、時空を越えて私たちを結び付けてくれる音楽の素晴らしさに感謝すること でもあるように思います。そして、もうひとつの特徴は、世代を越えた合同演奏があ ることです。「みやこキッズハーモニー」は歌の好きな子供たちをたくさん育てたい という思いに支えられて10年間の活動をしてきました。毎年のこの舞台は子供たちに とって大きな経験になるだけでなく、私たちが子供たちに未来を信じ、歌声に希望を 見つけるという意味もあるように思います。今年は10周年のお祝いもかねて松波千映 子先生に合唱物語「さびしがりやのサンタクロース」を作曲していただきました。か つて子どもだった大人たちと、いずれ大人になっていく子どもたちがひとつの舞台を作 ります。私の尊敬する二人の演劇人(広田さん、二口さん)にも力を借り、楽しく歌い あげてみたいと思います。

内容は、私が一人でクリスマスツリーを眺めながら想像していたファンタジーです。 他愛のないものですが、みんなきっと「さびしがりや」でみんなきっと「サンタクロ ース」が大好きですからね。皆さんの心にも小さな灯かりがともりますように。

Copyright(C) Keishi.Ito All rights reserved