Keishi Ito Homepage 〜目をひらく 耳をすます つぶやく〜 


演奏の場面で・・・【一般】客演等

2009年7月〜東海メールクワィアー第52回演奏会

東海メールへ寄せる

男声合唱を始めた大学時代、興味を持って自ら買った最初のレコードには 「東海メールクワィアー」の名前がクレジットされていた。大学合唱団で は出せないようなうっとりするような甘いサウンドと洗練された表現に驚 かされ、以後私が男声合唱の奥深い道を歩み出すきっかけにもなったのだ と思う。都築さんから「東海メールで指揮を」というお話をいただいた時 にすぐに思い出したのはあのレコードのことで、20年以上の歳月を越え て自分がその憧れの団体の指揮をしていることがまるで夢のようでもある。

それにしても、男声合唱の痺れるような熱さというものは、どこから来 るのだろうか?
同じ合唱でも、女声合唱、混声合唱などには例えようがない。東海メール の練習や昨年のJamcaのステージを通していつも感じるのは、「ロマンと美 意識」である。人生の何か(=自分の生き様のようなもの)を投入して、 「何故歌い続けなければならないのだろうか」という疑問に歌声そのもの で対峙する姿勢・・・。生きることの意味と同じところに根差した「歌そのも のの存在感」を思い知らされるのだ。男声合唱とは、黙して多くを語らず、 ひたすらに人生を燃焼させながら「仲間」と歌い続ける合唱のことなので ある。

さて、私のステージは私に合唱魂を注入してもらった師匠(故)福永陽一 郎のアレンジを当てていただいた。当時、男声合唱団のレパートリー開拓 と啓発のために片っ端から歌曲や混声合唱の名曲を男声合唱にアレンジさ れていた福永先生であるが、「光る砂漠」は、特に注力された作品だと聞 く。当時としては珍しいフランス音楽ふうの煌くサウンドを、力強さと繊 細さを兼ね備えた男声合唱の世界で紹介したかったのであろう。もう一つ は、私からお願いした「日本の笛」である。もともと私は白秋の浪漫主義 やエキゾチシズムに強く惹かれていたのだが、この曲は粋で洒脱で、艶っ ぽくて可憐で、一度取り上げたかった大好きな作品であり、(これはきっと 合唱では男声でしか歌えない!)念願のステージともなる。

チラシを見ると「山桜(光る砂漠)」に「びいでびいで(日本の笛)」・・・、 そうそう男声合唱とは「仲間」だけでなく「花」のためにも歌うことが出来 るかっこいい合唱のことなのだった。「東海メール」はそのように教えてく れている。

2010年1月〜Diligo Musica&Ensemble Mikanierジョイントコンサート

ご挨拶

本日、アンサンブルミカニエ、ディリゴムジカという二つの若い合唱団 のジョイントコンサートの開催されます。
個性的な指揮者を擁するこの2団体の頑張りにはついては、合唱団の立 ち上げ前夜から関心を持ち、音楽監督的な立場から応援もしてまいりま したが、それぞれの地に若い歌声を結集させることに意欲を持ち、新し い歌声、新しい文化創造の種を撒こうとされている逞しい姿に感銘を受 けています。実際問題として、合唱団を維持発展させていくことは多大 なエネルギーを費やすものです。音楽的な要素だけではなく、メンバー 集めの問題や運営マネジメントの問題、それぞれが生活を維持しながら 音楽と付き合っていく時間を割いていくことの根本的な問題、…特に現 在は活動の試行錯誤時期でもあり、メンバーの皆さんも様々な陰の努力 をされていることでしょう。しかしながら、どんな輝かしい団体も、ど んな素晴らしい音楽も、そういった小さな努力の積み重ねが根底を支え てきているのだと思います。是非とも、地道な努力を継続し、それぞれ の地に芽が出て豊かな音楽の樹を茂らせてください。私も応援しながら ゆっくり見守っていきたいと思います。

さて、この似通った性格を持った2団体が仲良くなり、海を越えて!ジ ョイントコンサートにこぎつけたことを大変嬉しく思っております。指 揮をさせていただく合同曲には、今を時めく大人気作曲家である信長貴 富さんの最新曲を選んでみました。
2010年という新しい年の幕開けに、新しく生まれた曲を若々しい歌 声で響かせてみたいと思います。ここから生まれた出会いがさらなる連 鎖によって新しい音楽文化の創造に繋がって行きますように。今日の日 が豊かな日々の幕開きとなりますように。

2010年2月〜合唱団うぃろう 第1回演奏会

合唱団うぃろう第1回演奏会によせて

関西を中心に活動している私が名古屋の地に大きな縁(ゆかり)を持っ たのはもう3、4年前になるでしょうか。名古屋大学コールグランツ ェの30周年記念の委嘱曲を指揮させてもらったことが切っ掛けだった と思います。その後、矢継ぎ早に東海メールクワイヤーや愛知県合唱祭、 愛知県の講習会なんかでもお世話になり、特に若いメンバーと仲良くさ せていただきました。皆人なつっこく、素直で、前向きで、合唱に対す る熱い姿勢を持っており、私自身も構えず自然体で付き合わせてもらい ました。

そんな彼ら(彼女ら)が、大学を卒業しても歌える場が欲しい、大学合 唱団の枠を超えていろんな人と一緒に音楽に取り組みたい、と作ったの がこの「合唱団うぃろう」です。当然の成り行きで私もこの新しい合唱 団の立ち上げに参画することになりました。うぃろうメンバーは、味も 様々、個性も様々です。その後、ジェネレーションや出身の異なるメン バーも増え、望んだ通り一般合唱団としての必要な要素も整ってきまし た。昨年の合唱祭での微笑ましいデビュー、京都の「アルティ声楽アン サンブルフェスティバル」での熱唱を経て、本日、第一回演奏会にこぎ つけられたことを嬉しく思います。潜在的な合唱力を持っているこの名 古屋の地から、若々しい歌声で日本の合唱界に向けて新しい風を吹き込 む役割を担ってくれればと思っています。

さて、今日の演奏会は嬉し恥ずかしい第一回目の演奏会。バレンタイン デーということで、少し張り切り過ぎたかもしれません。「愛」を隠し テーマに…、新しい合唱団が取り組むには少々プログラムが欲張りな プログラムですが、それもまたご愛嬌。合唱に対しては常にチャレンジ 精神と大らかに楽しみ味わっていける団体でありたいと思います。

作曲家の松波先生からは、新しい合唱団の立ち上げを祝福していただけ るかのように曲をプレゼントしてもらいました。ステージで紹介したい と思います。どうぞお楽しみに。

2011年3月〜佐賀女子高等学校合唱部&女声合唱団ソレイユ合同演奏会

演奏会に寄せて

「佐賀女子高校合唱部」&「女声合唱団ソレイユ」の初めての ジョイントコンサートでご一緒することが出来、大変嬉しく思 っています。
数年前に「佐賀女子」の透明でひたむきなサウンドと「ソレイユ」 の太陽のような歌声に出会った衝撃は大きかったです。その後、 いろんな折を通して、樋口先生の本当に素敵なお人柄と愛情に溢 れた指導に触れ、メンバーの皆さんの向日葵のような笑顔に触れ、 両団とも私の大好きな合唱団となりました。皆さん、素直で、前 向きで、合唱に対する熱い姿勢を持っておられ、笑顔いっぱいの 活動をされており、私自身も構えず自然体で付き合わせてもらう ことが出来ました。
「音楽」とは、生命を与えられていることのありがたみを実感さ せられる力、喜び、励まし、・・・「仲間」とは、かけがえのない宝、 生きている目的を支えるもの、伝えたいという意志を生み出す力、 ・・・私たちの「未熟さ、稚拙さ、無謀さ」は、いつかはこうなりた い、という夢を育む力、想像力を支える気持ち・・・。
いつもそう思っています。
そして「合唱」は一人では出来ません。合唱は様々な意味で「出 会い」の場であり、仲間や先輩後輩、指揮者や伴奏者とともに、 詩や音楽やそこにある世界観や価値観、人生観などと関わってい くことがその醍醐味ではないかと思うのです。
両団との出会いが私の人生においても、新しい世界の扉を大きく 開いてくれたようにも思いました。新しい仲間と音楽を分かち合 うことの出来る喜びや感謝の気持ちと、三月の季節に相応しい爽 やかで晴れやかな気持ちを持ってステージにのぞみたいと思います。

本日もさすがに世界中のたくさんの曲がレパートリーにありますね。 邦人曲としては新進気鋭の作曲家「松本望(フランスへ留学中)」 さんの新曲を取り上げてみました。いずれもフレッシュで熱い演奏 が出来ればと思っています。

2011年10月〜男声合唱団Archer第5回演奏会

雪明りの路 〜吉村先生、京都産業大学グリークラブ、アルシェ〜

私が高校2年生の時、京都会館で初めて聞いた「第九」で男声パート を歌っていたのが京都産業大学グリークラブでした。緑のブレザーが 目に眩しく、男声合唱を格好良く思ったものです。その印象が強烈で、 大学に入ってから迷わず「男声合唱団」に入った私ですが、当時の京 都産業大学グリークラブの演奏は惚れ惚れするように柔らかで爽やか で美しいものでした。それから25年以上経つのでしょうか、まさか 私がそのOB団体「アルシェ」の演奏会で客演指揮をしようとは夢に も思いませんでした。卒業後、私が合唱界で活動するようになってか ら声を掛けて貰い、様々なチャンスを与えていただいた吉村先生の引 き合わせによるものだと思っています。あの頃のメンバー始め、先輩 方、それから若い世代を含めて男声合唱の名曲を指揮させていただく ことを大変嬉しく思います。「雪明りの路」終曲は、猛吹雪が去った 後、一面の雪に反射して青白く光る北海道の幻想的な情景を描いてい ます。吉村先生の愛された曲、皆さんと一緒に心を込めて演奏したい と思います。

2012年4月〜アンサンブルミカニエ&合唱団こさじ ジョイントコンサート

ジョイントコンサートに寄せる

『合唱団:小さじ』と『アンサンブル・ミカニエ』のジョイントコンサー トの開催、おめでとうございます。和歌山と鳥取(太平洋と日本海?) というかなり離れた地で活動をしている小規模の合唱団同士が出会い、 一つのステージに立ち音楽をする…。そう考えただけでもワクワクし ますが、同じ場面に立ち合い、合同ステージを指揮させていただける ことに大きな喜びを感じています。
合唱とは、どう頑張っても一人では出来るものではなく、声を合わせ ることによって何かを分かち合い、伝え、何かを成し遂げられる芸術 だと思います。なので、このような人間同士の繋がり、仲間としての 繋がりこそが活動の財産となるのではないでしょうか。このようなジ ョイントコンサートは時としてその演奏会だけでは完結しない副産物 を生み出します。今日の日の演奏会が、きっとまた新しい何かの物語 の始まりにもなるように思います。
さて、その合同で演奏させていただくのは、今を時めく人気作曲家 (合唱指揮者)の相澤直人さんの新曲(委嘱初演)です!。スタイル の異なる6つの曲が送られてくるたびに、驚き、感心し、感嘆しなが ら楽譜を見ておりました。既存の合唱組曲ともスタイルが異なり、各 曲が独自性を保ったまま一連のものとして寄り添っているように見え る曲集(混声合唱アルバム)となっています。新しい出会いずくめの 中で、このような素晴らしい曲の誕生に関われたことに感謝しながら 張り切って演奏したいと思っています。

合唱とは、 「ほかの誰かと心を合わすことの大切さ」
「私自身のかけがえのなさ」
この2つのことに同時に気付くこと・・・このステージの終曲のように あれたら、と思っています。

2013年11月〜アンサンブルミカニエ第6回演奏会

アンサンブルミカニエの演奏会に寄せて

阪本君と知り合ったのは、彼がまだ今よりほんの少しだけスリムで京都の大学生 だった頃のことでした。強面の雰囲気とは異なり、心の底からの音楽好 きだっ たことは十分知っていたのですが、まさか和歌山に帰って自ら合唱団を立ち上げ るなどとは思ってもいませんでした。 大都会ではないこの地において、一般の混声合唱団を立ち上げ、維持していくこ とは大きな困難の伴うことでしょう。しかし、意欲を持って取り組み、 しかも 委嘱やジョイント、様々な合唱祭への参加等、積極的な姿勢に満ちていることに は頭が下がる思いです。

さて、オフィシャルな文面では初めてカムアウトするわけですが、「いとうけい し」のペンネームである「みなづきみのり」の詩があの宮沢賢治の詩と 混ざり 合って構成されている「アポロンの竪琴」は私の大好きな曲です。すでに千原先 生によって素敵な女声合唱曲になっており、多くの女声合唱団に よって歌われ ておりますが、私はいつか全曲指揮をしたいと思いながら、なかなかチャンスに 恵まれませんでした。このたび混声に委嘱されて、尊敬す る千原先生ご臨席の もと、小さいながらも(指揮者の身体は大きいが)頑張っている合唱団の仲間と ともに演奏出来ることに、とてもわくわくする気持 ちでおります。

この地の持っている海の色や空の色を、それらを吸い込んでいる歌い手とともに 表現し、この合唱団ならでは(仲良しのお友達メンバーも少し助けてく れます ね) の音を見つけてみたいと思っています。どうぞお楽しみください。

Copyright(C) Keishi.Ito All rights reserved