Keishi Ito Homepage 〜目をひらく 耳をすます つぶやく〜 

演奏の場面で・・・コーラスめっせ

 コーラスめっせ パンフレットより 
青ライン 2010年4月(第1回) 青ライン

コーラスめっせ2010に寄せる

21世紀も早や10年が過ぎ、私たちや私たちの合唱を取り巻く 環境は大きく変化しようとしています。
関西は、「現在の合唱界」を形成した源流とも言え、以前から 「合唱のメッカ」としての側面も持っております。しかし近年、 人口や企業組織の東京圏集中の流れの中で、社会全体や音楽文化 を取り巻く環境、情報発信もますます「東京偏重傾向」が強まっ てきているように思います。
そこで、関西を代表する大都市である大阪から、豊かな21世紀 型の合唱文化の発信を目指してみようと考えました。
音楽や合唱に関する旧来の価値観やスキルだけでなく、多様な世 界観を学んでいくこと、順位付けや競い合いだけで閉塞感を感じ ることなく、また内輪での満足感や大騒ぎに終わらせることなく、 歌い、聴き、刺激し合い、社会との繋がりや連携を意識し、学び、 かつ深刻になりすぎず笑顔で分かち合うことの出来るイベントを 開催することが出来ないかと考えました。また、何とかより多く の人に合唱の魅力を多面的に味わってもらいたいとも思います。 さらには、「集まって歌うことの意義や価値」、「合唱に何が出 来るのか」という可能性についても考え、「合唱」の社会的・文 化的存在としての価値を鍛えなおしてみたいとも思っております。 何とか大阪を中心とする関西から合唱界に新しい風を送り込んで みたいのです。
幸いなことに、私の呼びかけに反応していただけた合唱仲間と共 に、関西で活躍中の合唱団に声をかけ、本年このようなイベント を開催することが出来ました。2日間の中では、演奏会あり、講 習会あり、参加型のワークショップもあります。新作だけを集め たコーナーや、聞き手と歌い手が混ざり作曲家や指導者と交流出 来る場を予定しています。21世紀型の合唱文化を大阪から発信し リードしていこうという意図を詰め込んでおります。
もちろん、第1回目ゆえ、何もかも手作りの状態でまだまだ試行 錯誤を繰り返し、内容面でも運営面でも目標に向けてスタートラ インについたに過ぎません。しかしながら、今後継続開催してい くことによって、将来的には全国からはもとより、世界から合唱 団が集まってくるような大きなイベントを目指したいと思います。 企業や地域社会、学校や行政、他のジャンルも巻き込みながら、 合唱が小さく完結してしまわないようにとも思います。この有志 での取り組みが、やがて大勢の人たちの手による取り組みとなり、 合唱界の21世紀に相応しい何かに発展していいければと願って います。


青ライン 2011年4月(第2回) 青ライン

コーラスめっせ2011開催にあたり

3月11日に発生した東日本大震災は未曾有の甚大な被害をもた らしました。とりわけ太平洋沿岸部の津波による壊滅的な状況を 見るにつけ、胸が締め付けられるような痛みを覚えます。亡くな られた尊い命の冥福を祈るとともに、大切なものや生活基盤を失 われた方々に一刻も早く落ち着いた日々が戻ることを願います。 関西の地でもかつて大きな震災に見舞われましたが、この地から も痛みを共有するだけでなく、一体となって被災地復興に向けた 協力をしていきたいと考えています。

さて、この時期の演奏会開催となりますが、歌声は人々の心を癒し、 励まし、勇気付ける力を持っています。演奏することによって、 私たちは生命の恩恵に感謝し、願い祈る気持ちを強く持つことが 出来ます。仲間と歌い、仲間の歌を聴き、仲間のために歌うことに よって私たちは連帯と想像力とを取り戻すことが出来ます。このフ ェスティバルが、「歌そのものの存在意義」の確認に繋がること、 「歌に出来ること」への気付きに繋がることを願っています。東北 地方は特に若い人たちの合唱が盛んな地でもありますが、一日も早 く被災された地域に若々しい歌声が戻ることを願いながら、「愛と 感謝」「強い意志とメッセージ」に満ちた集いの場にしていきたい と思っています。


コーラスめっせ2011に寄せる

いま、「合唱に何が出来るのか」ということが問われているとも思います。 昨年の春に志だけを持ち、仲間に声をかけスタートした「コーラスめっせ」 ですが、幸いにして今年は「いずみホール」に場所を移し、連続開催する ことが出来ました。ここでは、21世紀の合唱シーンに相応しく、音楽や合 唱に関する旧来の価値観やスキルだけでなく、多様な考え方や世界観にも 心を開いていきたいと思っています。順位付けや競い合いだけで閉塞感を 感じることなく、歌い、聴き、刺激し合い、社会との繋がりや連携を意識し、 学び、かつ笑顔で分かち合うことの出来るイベントにしたいと思ってます。 「集まって歌うことの意義や価値」、「合唱」の社会的・文化的存在とし ての価値を鍛え直しながらその可能性についても考え、関西から合唱界に 新しい風を送り込んでみたいと考えているのです。

幸いなことに今年は昨年にも増して盛りだくさんの内容になりました。 合唱指揮の第一人者藤井宏樹先生をゲストに招聘するとともに、世界的 な作曲家パミントゥアン先生をお呼びすることが出来ました。また、関 西在住の千原英喜先生にはあの名曲「モツレク」を女声合唱(デュエッ トで歌うことの出来る)にアレンジしていただきました。2日間の中で は、演奏会あり、講習会あり、参加型のワークショップもあります。新 作だけを集めたコーナーや、聞き手と歌い手が混ざり、作曲家や指導者と 交流出来る場も用意しています。もちろん、何もかも手作りの状態でま だまだ試行錯誤を繰り返し、内容面でも運営面でも目標に向けてスター トラインについたに過ぎません。しかしながら、今後継続開催していく ことによって、世界から合唱団が集まってくるような大きなイベントを 目指したいと思います。企業や地域社会、学校や行政、他のジャンルも 巻き込みながら、合唱が小さく完結してしまわないようにとも思います。 この有志での取り組みが、やがて大勢の人たちの手による取り組みとな り、合唱界の21世紀に相応しい何かに発展していいければと願ってい ます。

青ライン 2012年4月(第3回) 青ライン

コーラスめっせ2012開催にあたり

あの未曾有の大震災の日から一年が経過しました。私たちは当初、 歌など歌っている場合だろうか、歌に出来ることなどあまりない んじゃないか、と歌の無力感のようなものを感じることの方が多 かったのではないでしょうか。しかし、時間が経過し、次第に歌 に出来ること、歌にこそ出来ることもあると気付き始めたように 思います。
歌声は人々の心を癒し、励まし、勇気付ける力を持っています。 演奏することによって、私たちは生命の恩恵に感謝し、願い祈る 気持ちを強く持つことが出来ます。仲間と歌い、仲間の歌を聴き、 仲間のために歌うことによって、私たちは連帯と想像力とを取り 戻すことが出来ます。考えてみれば、どんな歌も他者に対する思 いの産物です。歌い続けることは、誰かのことを思い続けること でもあるのでしょう。

さて、仲間に声をかけただけでスタートした「コーラスめっせ」 ですが、お陰様で3年目を迎えることができました。今「合唱に 何が出来るのか」ということが改めて問われているとも思います。 ここでは21世紀の合唱シーンに相応しく、旧来の価値観やスキル だけでなく、多様な考え方や世界観にも目を開いていきたいと 思っています。演奏の順位付けや競い合いだけで閉塞感を感じる ことなく、歌い、聴き、刺激し合い、社会との繋がりや連携を意 識し、学び、かつ笑顔で分かち合うことの出来るイベントにした いと思っています。「言葉を歌うことの意味」「集まって歌うこ との意義や価値」…、「合唱」の社会的・文化的存在としての可 能性についても考え、関西から合唱界に新しい風を送り込んでみ たいと考えているのです。
幸いにして、今年は合唱指揮の第一人者清水敬一先生をゲストに 招聘することが出来ました。加えて現在最も注目を浴びる作曲家& ピアニストの松本望さんをお呼びすることが出来ました。この2日 間の中では、演奏会あり、講習会あり、参加型のワークショップも あり、新作だけを集めたコーナーや、聞き手と歌い手が混ざり、作 曲家や指導者と交流出来る場も用意しています。このフェスティバル が、「合唱の存在意義」の確認に繋がること、「合唱に出来ること」 への気付きに繋がることを願っています。

青ライン 2013年4月(第4回) 青ライン

2013年コーラスめっせに寄せる

4年前の春に、仲間に声をかけスタートした「コーラスめっせ」ですが、 幸いにして「大阪ビジネスパーク」に場所を移してからも、規模はどんどん 拡大し参加者も増え、ますます仲間との繋がりの大切さを感じさせてくれる イベントになってきています。また、ここでは、集まって歌うという だけではなく21世紀の合唱シーンに相応しく、少しずつではありますが、 多様な考え方や世界観にも開かれた場所になってきているのではないかと思って おります。

今年は東京から片山みゆき先生をお招きし、旋法やグレゴリオ聖歌について、 それらを踏まえた合唱音楽との向き合い方について学ぶ機会を得ております。 海外からは大人気作曲家のハビエル・ブスト先生をゲストとして招聘すること が出来、自作の講習会をしていただくことをお願いしております。さらに、 フィリピンから2つの実力ある若い合唱団の参加協力も得、夢見ていたことが 徐々に形になりつつあります。

順位付けや競い合いだけで閉塞感を感じることなく、ぜひご来場いただいた皆様と ともに、歌い、聴き、刺激し合い、社会との繋がりや連携を意識し、学び、 かつ笑顔で分かちあうことの出来るイベントに成長させていきたいと思って います。「集まって歌うことの意義や価値」、「合唱」の社会的・文化的存在 としての価値を鍛え直しながらその可能性についても考え、関西から合唱界に 新しい風を送り込みましょう。

もちろん、未だに試行錯誤を繰り返し、内容面でも運営面でも目標に向けて スタートラインについたに過ぎません。しかしながら、今後継続開催していく ことによって、世界から合唱団が集まってくるような大きなイベントを目指し たいと思います。企業や地域社会、学校や行政、他のジャンルも巻き込みながら、 合唱が小さく完結してしまわないようにとも思います。この有志での取り組みが、 やがて大勢の人たちの手による取り組みとなり、合唱界の21世紀に相応しい 何かに発展していければと願っています。

青ライン 2014年4月(第5回) 青ライン

コーラスめっせ2014に寄せて

5年前の春に、仲間に声をかけスタートした「コーラスめっせ」ですが、幸いにして 「いずみホール周辺の大阪ビジネスパーク」に場所を移してからも、規模はどんどん 拡大し参加者も増え、ますます仲間との繋がりの大切さを感じさせてくれるイベント になってきています。

ここでは、集まって歌うというだけではなく21世紀の合唱シーンに相応しく、 少しずつではありますが、多様な考え方や世界観にも開かれた場所になってき ているのではないかと思っております。今年は東京から高嶋みどり先生をお招 きし、指揮や講習をしてもらう他、コーラスめっせ初の委嘱作品「私は空に手 を触れる」を公募合唱団にて演奏する予定もしています。順位付けや競い合い だけで閉塞感を感じることなく、ぜひご来場いただいた皆様とともに歌い、 聴き、刺激し合い、社会との繋がりや連携を意識し、学び、かつ笑顔で分かち あうことの出来るイベントに成長させていきたいと思っています。「集まって歌 うことの意義や価値」、「合唱」の社会的・文化的存在としての価値を鍛え直 しながらその可能性についても考え、関西から合唱界に新しい風を送り込みま しょう。もちろん、未だに試行錯誤を繰り返し、内容面でも運営面でも目標に 向けてスタートラインについたに過ぎません。しかしながら、今後継続開催し ていくことによって、世界から合唱団が集まってくるような大きなイベントを 目指したいと思います。企業や地域社会、学校や行政、他のジャンルも巻き込 みながら、 合唱が小さく完結してしまわないようにとも思います。この有志で の取り組みが、やがて大勢の人たちの手による取り組みとなり、合唱界の21 世紀に相応しい何かに発展していければと願っています。

青ライン 2015年4月(第6回) 青ライン

コーラスめっせ2015に寄せて

6年前の春に、仲間に声をかけスタートした「コーラスめっせ」ですが、幸いに して「いずみホール周辺の大阪ビジネスパーク」に場所を移してからも、規模は どんどん拡大し参加者も増え、ますます仲間との繋がりの大切さを感じさせてく れるイベントに なってきています。ここでは、集まって歌うというだけではなく 21世紀の合唱シーンに相応しく、少しずつではありますが、多様な考え方や 世界観にも開かれた場所になってきているのではないかと思っております。
さて、今年は何とあのシューベルトの名作歌曲集「美しき水車小屋の娘」の日本 語合唱版にチャレンジをいたします。千原英喜先生が混声合唱曲として再創造さ れたものを(全20曲)公募による合唱団で歌ってみるという驚くべき試みです。 ぜひ楽しみにお聞きください。また、フィリピンからは世界的合唱指揮者である Jonathan Velasco氏を招聘しており2つの講 習会を企画している他、ピアノ伴 奏講習会、合唱指揮者講習会等、新しい企画もございます。順位付けや競い合い だけで閉塞感を感じることなく、ぜひご来場いただいた皆様とともに歌い、聴き、 刺激し合い、学び、かつ笑顔で分かちあうことの出来るイベントに成長させてい きたいと思っています。
「集まって歌うことの意義や価値」、「合唱」の社会的・文化的存在としての価 値を鍛え直しながら、その可能性についても考え、関西から合唱界に新しい風を 送り込みましょう。
もちろん、内容面でも運営面でもいまだに試行錯誤を繰り返しているような状態 です。しかしながら、今後継 続開催していくことによって、世界から合唱団が集 まってくるような大きなイベントを目指したいと思っています。企業や地域社会、 学校や行政、 他のジャンルも巻き込みながら、やがて、合唱界の21世紀に相応 しい何かに発展していければと願っています。

青ライン 2016年4月(第7回) 青ライン

コーラスめっせ2016に寄せて

7年前の春に、仲間に声をかけスタートした「コーラスめっせ」ですが、幸いにして「いずみ ホール周辺の大阪ビジネスパーク」に場所を移してからも、規模はどんどん拡大し参加者 も増え、ますます仲間との繋がりの大切さを感じさせてくれるイベントになってきています。 ここでは、集まって歌うというだけではなく21世紀の合唱シーンに相応しく、少しずつでは ありますが、多様な考え方や世界観にも開かれた場所になってきているのではないかと思 っております。
昨年は何とあのシューベルトの名作歌曲集「美しき水車小屋の娘」の日本語合唱版にチャレ ンジをいたしました。 千原英喜先生が混声合唱曲として再創造されたものを(全20曲)公募 による合唱団で歌ってみるという驚くべき試みでしたが、言語を越境させる(ドイツ語から日 本語)ことと、メロディーを共有させる(声楽から合唱へ)ことでより多面的にとらえられたシュ ーベルトを多数の参加者と満員の会場で分かち合うことが出来ました。
打って変わって本年は、「育成」に主眼を置いた取り組みとして「大学合唱企を支援する」企画 を据えています。また、メインゲストには大人気の相澤直人先生をお呼びし、作曲家として指揮 者としての側面から合唱音楽への様々なアプローチ方法をお教えいただく予定です。加えまし てフィリピンからは世界的合唱指揮者であるRonan Ferrer氏 と合唱団Chor Tomasino を招聘しており、講習会と演奏を企画している他、ピアノ伴奏講習会、合唱指揮者講習会等、 新しい企画もございます。順位付けや競い合いだけで閉塞感を感じることなく、ぜひご来場い ただいた皆様とともに歌い、聴き、刺激し合い、学び、かつ笑顔で分かちあうことの出来るイ ベントに成長させていきたいと思っています。
「集まって歌うことの意義や価値」、「合唱」の社会的・文化的存在としての価値と可能性につい ても考え、 関西から合唱界に新しい風を送り込みましょう。

纏めて新歓〜大学生集まれ!〜

かつて合唱の花形は大学合唱にありました。
百年を超す歴史を誇る関西学院グリークラブ、同志社グリークラブを始め、合唱文化は大学カル チャーの中で育まれ発展し、様々な名演奏だけでなく、指揮者や声楽家、あるいは大学合唱の メンバーから派生して多くの一般合唱団を生み出してきたと言っても過言ではありません。80年 代の東西四連(昼夜2回公演)や関西六連は3000人収容のフェスティバルホールを女子大生で ぎっしり埋めていたものです。見渡してみてください、回りには大学合唱団の出身者が多いでしょう。
もちろん、ここにノスタルジーを持ち出すわけでも、それ以外の道と比べてウェイト付けする訳でも ありません。 しかし、昨今の大学を取り巻く環境の変化(授業がびっしり、資格講座や留学の奨励、 女子大学の減少、就職活動の複雑化)は、多くの場合が、授業をさぼって?合唱にのめり込んでい たからこそ発展した(語弊あり)大学合唱文化全開世代からは少しかわいそうに思えるのも事実なのです。
さて、大学合唱の魅力は何でしょう!!
それは、自分たちが主体性を持って取り組むことの出来る合唱活動であるということです。高校合唱 はどれだけ優秀で、どれだけびっくりするような演奏をすることがあっても先生にイニシアチブがある 部分が多く、演奏内容はともかく、合唱団としては 「リスクを抱えて自己決定する活動」には至りませ ん。大学生になると、例えば親元を離れて一人暮らしをする人がいることから始まる自立性の確保、 匿名性の海の中での自己アイデンティティとの格闘、いずれ社会システムの中で自活していかねば ならない将来への漠たる不安と希望が渦巻きます。その中での「スキルを獲得しながら仲間とともに チームを作り音楽表現を模索する」合唱活動がいかに人生に深く関わり、多くの可能性を持っている ことでしょうか。
私はOBとして大学合唱の復権という言葉を使いたいわけでもありません。新しい時代、つまり現代の 大学合唱の環境の中で、大学生たちが誇りと積極性を持ち、体力と知性と感性とを総動員しながら自 らの合唱文化を築いていけるようにサポート支援、問題提起、アドバイスをしたいのです。

逆に、大学生たち、徒に保守的になりがちな活動から脱却し、固定観念に縛られずフレキシブルな活動 をしていくためには、「知識」が必要です。インターネットでの情報やユーチューブでの演奏やSNSでの 繋がりなどに頼ってはなりません。本を捲り、先輩を尋ね、先生を探して、 たくさんの学びの中から新 しい自分たちの活動を見出していってください。
たくさんの出会いの中から自らの道が切り開かれていくことを「先輩たち一同で」望んでいます。

相澤先生には、この日集まった大学生のために新曲をいただきました!
「棚引く雲、それは」
高らかに歌ってください!!そして大学合唱を謳歌してください!

P.s
入団を迷っている一年生がいるとしたら、見渡してみてください。何と多くの仲間や先輩に囲まれている ことでしょうか。恐れることなく4年間を大学合唱に全力を注いでくださいね。必ず人生の財産を得られる はずですよ。

青ライン 2017年4月(第8回) 青ライン

コーラスめっせ2017に寄せて

8年前の春に、仲間に声をかけスタートした「コーラスめっせ」ですが、幸いにして「いずみ ホール周辺の大阪ビジネスパーク」に場所を移してからも、参加者も増え、ますます仲間との 繋がりの大切さを感じさせてくれるイベントになってきています。
ここでは、集まって歌うというだけではなく、少しずつではありますが、多様な考え方や世界 観が展開され始めてきているのではないかとも思っております。
昨年は「育成」に主眼を置いた取り組みとして「大学合唱団を支援する」企画を据え500人 を超す大学生を集めることになりました。今年からさらに中高生の育成という面から学校教育 の中でのクラス合唱や、指導者(教員)に向けての練習を企画してみました。合唱人口の裾野 の拡張や、教育現場における合唱の活用、合唱の機能や効用のようなものについても一つの視 座を示していきたいとも思っています。
 また、メインゲストには千原英喜先生と松本望先生をお呼びし、作曲家として指揮者として ピアニストとしての側面から合唱音楽への様々なアプローチ方法をお教えいただく予定です。
順位付けや競い合いだけで閉塞感を感じることなく、ぜひご来場いただいた皆様とともに歌い、 聴き、刺激し合い、学び、かつ笑顔で分かちあうことの出来るイベントに成長させていきたいと 思っています。

「集まって歌うことの意義や価値」、「合唱」の社会的・文化的存在としての価値と可能性につい ても考え、 関西から合唱界に新しい風を送り込みましょう。

Copyright(C) Keishi.Ito All rights reserved